TEL

脊柱管狭窄症 | 上尾市・さいたま市で唯一足から診る整骨院|あゆみ整骨院・整体院

お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は、背骨の中を通っている「脊髄(せきずい)」からの神経の通り道である「脊柱管(せきちゅうかん)」を構成している骨や靭帯が肥厚化したり、椎間板が突出することで、脊柱管が圧迫されて狭くなってしまう症状をいいます。主な症状としては、歩行時や立っている時の臀部から下肢にかけて痛みやシビレが起こる「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が知られています。歩くと症状が悪化し休むとやわらぐといった特徴があり、前かがみの姿勢ととることで症状がやわらぐこともあります。

上尾市のあゆみ整骨院では、脊柱管狭窄症についてのご相談も承っております。丁寧なカウンセリングとカウンセリングで根本原因を突き止めて、お一人おひとりに合った施術プランをご提案いたします。完全予約制で施術を行なっておりますので、ご来院の前にはお電話でご予約をください。

脊柱管狭窄症が起こる原因

脊柱管狭窄症の主な原因としては、加齢による背骨の変形・労働による姿勢・すべり症や椎間板ヘルニアなどの症状などが挙げられます。脊柱管狭窄症は中高年の世代に発生することが多いのですが、これは加齢による背骨の変形や椎間板の膨張などで神経が圧迫されて神経の血流が低下し症状を発症すると考えられています。

また、日常生活や仕事でのよくない姿勢や動きの継続が背骨の変形(歪み・ズレ)を引き起こし、脊椎間狭窄症を引き起こすケースも珍しくはありません。上尾市のあゆみ整骨院ではいま出ている症状がどこからきているのかをしっかりと把握することで、早期改善と再発防止へと繋げていきます。

脊柱管狭窄症の施術について

脊柱管狭窄症の施術法としては「保存療法」が主流といえます。痛み止めなどを服用する薬物療法や、痛みの伝達を止めるブロック注射など、それぞれに合った療法で改善を目指すことになります。また、痛みが強い場合には安静にし、身体への負担をカバーするためにコルセットなどの装具を着ける場合もあります。

上尾市のあゆみ整骨院では、整体や矯正、マッサージなどの施術で痛みやシビレの症状を緩和させ、できる限り日常生活に支障がでないようにサポートいたします。ストレッチやトレーニングなどの運動療法によるリハビリ施術もご相談いただけますので、脊柱管狭窄症でお困りの方もお気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症は予防できるの?

脊柱管狭窄症の予防としては、日常生活で正しい姿勢を心がけるという点が重要といえます。よくない姿勢や動きから背骨に負担がかかることで症状が起こるため、できるだけ身体に負担がかからない正しい姿勢を意識することが予防の第一歩といえます。

上尾市のあゆみ整骨院では整体や矯正などで全身のバランスを整え、正しい姿勢へと導きお身体への負担が軽減できるようにサポートいたします。また、正しい姿勢をキープできるようにストレッチや筋力トレーニングについてもご指導いたしますので、脊柱管狭窄症でお困りの方はお早めにお越しください。