TEL

変形性膝関節症 | 上尾市・さいたま市で唯一足から診る整骨院|あゆみ整骨院・整体院

お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら

変形性膝関節症

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は膝痛の原因として最も多くあげられる症状のひとつです。加齢や急激な体重の増加などでる膝の軟骨がすり減り膝に炎症が起きて痛みがあらわれます。膝は日常生活での動作はもちろん、仕事やスポーツなどでも負担がかかりやすい部位で、加齢による筋力の低下や肥満による膝への負担が伴うことで変形性膝関節症のリスクも高まってしまいます。また、O脚の方も変形性膝関節症になりやすいため注意が必要です。

上尾市のあゆみ整骨院には、変形性膝関節症でお困りの方もサポートしております。丁寧なカウンセリングでお身体の状態を把握し、いま出ている痛みがどこからきているのをしっかりと突き止めて施術を行ないます。完全予約制でご対応しておりますので、ご来院の前には一度お電話でご予約をお願いいたします。

変形性膝関節症が起こる原因

変形性膝関節症は加齢による膝関節の軟骨のすり減りが大きな原因とされています。他にも急激な体重増加は軟骨の損傷を進行させてしまうため、肥満も変形性膝関節症の原因としてあげることができます。

また、膝の痛みは運動不足による筋力の低下、スポーツでの半月板損傷など膝のケガ、関節リウマチ、特発性膝関節内血腫などからきているケースもあるため、膝に違和感や痛みがあらわれた早めの受診を心がけることも大切です。上尾市のあゆみ整骨院は膝の痛みの根本原因を見極めてから施術をおこないますので、どうぞ安心してご相談ください。

変形性膝関節症の施術について

変形性膝関節症は足にO脚がないか、関節水腫がないかなどを所見で確認し、必要に応じてレントゲン検査やMRIなどの画像検査を行ない診断されます。画像検査は軟骨や半月板損傷など骨の変形具合をより詳しく調べることができるため、整形外科などでは積極的に取り入れられています。

一度すり減ってしまった軟骨や損傷した半月板は現在の医療技術では元に戻すことが難しく、施術としては痛み止めのない服や、注射によるヒアルロン酸・ステロイドなどの関節内注入などの痛みに対しての対症療法や、人工関節に置き換えるための手術などが行なわれます。

しかし、いま出ている膝の痛みが変形性膝関節症以外からきているケースもあるため、手術をすすめられている場合でも一度、上尾市のあゆみ整骨院へご相談ください。整体や矯正、ストレッチ、トレーニングなどで症状を緩和させる「保存療法」で改善を目指すことも可能です。

変形性膝関節症は予防できるの?

変形性膝関節症は症状の進行防止をすることで、痛みを緩和させることもできます。ストレッチやトレーニングなどの「運動療法」を続けることで軟骨細胞の炎症をやわらげ、関節内や周囲の炎症を抑える物質を生み出す効果があることも解明されています。

上尾市のあゆみ整骨院では、自宅でも簡単にできる筋肉の柔軟性をたかめるためのストレッチやエクササイズ、筋力アップのためのトレーニングなどもアドバイスいたします。無理なく続けていただくためにお一人おひとりに丁寧にご指導いたしますので、変形性膝関節症でお困りの方はまずはお気軽にご相談ください。